アプリで読む
通報する

【1S企画5】愚者の結末

山下 式

プレイ数 127

  • のべる操作方法
  • 共有

【スマートフォンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ タップ
セーブ・ロードメニューを開く  2本指タップ
テキストスキップ    3本指タップ

【パソコンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ マウス左ボタン
セーブ・ロードメニューを開く マウス右ボタン
テキストスキップ Ctrlキー
ログ表示 マウスホイール
※操作方法は今後変更される可能性があります。

共有URL

埋め込みコード

公開日時

2018/06/16 08:29:22

総シーン数

4

作品説明

”人生とはいったい何に捧げればいい”

週末の金曜日。世間では華金と呼ばれるこの喜ばしい一日の暮れに、僕は映画館に新作の恋愛映画を観に来ていた。

そこで僕は1人の老人と出会う。
老人は、僕の人生を振り返らせていく・・・

清泪様主催の【第五回ワンシチュエーション企画】の参加作品です。

今回のシチュエーションは”劇場”ということもあり、映画が好きな私としてはどうしても完成させたい作品となりました。

読了10分程度。楽しんでいただければと思います。

タグ

【完結】 、ドラマ

全てのコメント(8)

8: 山下 式 : 07/01 00:53:01 ID:TypeYamashita

清泪さん コメント及びプレイしていただきありがとうございます。 こちらこそありがとうございます。 私自身、楽しみながら創作することができました。 清泪さんには感謝の言葉もありません。というのも、今作を経てある1つのテーマを基に次回作を創ろうと思い立てたからです。 今企画の劇場を舞台に物語が展開したように、とある場所である状態を演出し、日常から非日常を抉り出す。次回はそんな物語を創ろうと思います。私生活の影響や長編になる予定上完成は当分先になりそうですが、また清泪さんとコメントを交わせる日を楽しみに頑張ります。 また企画に参加させていただいた際にはよろしくお願いします。

7: 清泪(せいな) : 06/30 22:33:19 ID:SeinaNOVEL

まずは、閲覧が遅くなりましたことをお詫びいたします。 さて、感想ですが。 スゴく好きです、この作品の空気感、テーマ。 僕は主人公にも老人にも感情移入して読めました。 何も残せない、恐さというか寂しさというかそういうものは時々ふと感じることがありまして、老人の様に残そうという気持ちもあれば、主人公の様に埋もれていってしまうという懸念も理解できます。 主人公、老人どちらの立場で物語を捉えても少し涙腺に来るものがありました。 企画参加、ありがとうございました。

6: 山下 式 : 06/19 22:20:53 ID:TypeYamashita

moonさん いつも作品に触れていただきありがとうございます。 時々、無理して読まれてるのではないかと思い心配になるのですが大丈夫でしょうか笑 映画の好みは登場人物の彼、つまるところ私個人の見解なので、極端な話、好きなものを見るのが1番だと思います。 世間一般のエンターテイメント映画は私にとって全くエンターテイメントではなく、それらは既に知っているごく普通の世界であり、そんなものを見てもありふれた風景を眺めている気分になるというのが私個人の見解です。あしからず。 しかしこの作品の主人公のように、どんなに高尚な趣味を持っていようが、社会に消費されているのが現代の個人の姿です。我々が築き上げたように見える大量消費社会は、実のところ、社会が我々を消費しているというのが実情です。 なのでこの作品の主人公も、つまらない恋愛映画に消費されている側であり、老人もまた、そうなのです。 この作品は私とってはエンターテイメントですが、多くの人にとっては気持ちの良い作品ではないと思います。なのでこの作品も当然のように埋もれていくでしょう。老人と同じように”この作品を作った私”という存在を見つけることなど誰にもできないのです。 なんて、訳の分からない返信ですみません笑 要約すると”こんな作品ですが、読んでいただき本当にありがとうございます”という意味です。

5: moon : 06/18 15:13:29 ID:464624985

電気ブランさん♪ 作品拝見させて頂きました! 電気ブランさんの作者名が無くても電気ブランさんの作品だろうなと直ぐに解りそうな気がしたmoonです(笑) それは独特な感性でそう描かれてるからでしょう。moonの真逆から焦点にあてるような作風がまさに表裏一体の裏側を覗いているようでいつも興味深いんですよね。 ミーハーなmoonには映画は気軽に体験出来るエンターテイメントと意識が強く、エンターテイメント性を兼ね備えてる作品が世間一般としても人気になるのは当然な流れかと思ってます。 しかしそれを重視するあまり薄い作品が多くなることや、重く深く思案するような作品は敬遠する傾向が強くなるのでしょうね…… なのに自身が創る作品にはやや重い作品が多いのはその反動が出てるのでしょうか?(笑) さらに重く考えらさされる電気ブランさんの作品は興味しかありません。 もしかするとノベルは深く重い物が割りと好まれる傾向があるのかも知れません。なんてmoonの客観的な感覚ですけどね(笑) 作品の感想から逸脱したコメントで申し訳ありません。作品はとても好みで楽しませて頂きましたこと感謝しています。電気ブランさんありがとうございました!!

4: 山下 式 : 06/16 08:30:47 ID:TypeYamashita

mocoさん はじめまして。誤字報告をしていただきありがとうございます。問題なく修正することができました。 コメントは私の作品を第三者の視点から認識するための貴重な情報であり、財産でもあるので削除はしません。 ましてやこの作品を好きだと言って下さる方の声を消すことなど私にはできません。 数あるノベルの中から今作を手に取って触れていただきありがとうございます。

3: 山下 式 : 06/16 08:30:19 ID:TypeYamashita

ともすけさん こんにちは。こうしてともすけさんにコメントを返すことができて嬉しく思います。 老人に感情移入されたということで、どうしてもこの作品で語っていない部分に触れなければならないと思い、返信させていただきます。 まず、老人の人生は惨めではあるかもしれませんが、決して敗北ではありません。 今作品では私なりに老人の人生と映画の物語を対比させました。映画の物語も、老人も何てことはないよくある話です。が、しかしこれら2つの大きく違う点は、主人公に与えた影響です。 退屈な映画は主人公に何も与えませんでしたが、老人との出会いは主人公に多大な影響を与えました。大作映画よりも、老人のような街に埋もれた小さな物語が大きく人の心を揺さぶったのです。 惨めで文化的教養もなく、映画作品の良否もつかない人間の惨めな人生が、惨めであるが故、感動大作映画に勝利したのです。 私は今後、本当に良い作品とは表に出てこないと考えています。書店に並ばず、誰にも触れられず、インターネットの隅に存在する傑作がいくつもあります。 もしかすると、ともすけさんの作品に大きく影響された作家が既にどこかにいるのかもしれませんね。 長文失礼しました。

2: moco : 06/16 06:09:39 ID:519124618

電気ブランさん、こんにちは。似たような事を考えた事があるなぁ、と共感する場所があったり楽しく読ませていただきました。 そして失礼ですが、二ヶ所だけ誤字とおぼしきものがありましたのでなるべくネタバレにならないように一応報告だけさせていただきます。 いっまい何だったのか 残したいよ衝動 会話パートです。自分もよくやるので、作品出した時はたくさんやると思います‥(笑) 作品はとても好きな内容でした。ありがとうございました。このコメントは削除しても全く構いませんので。

1: ともすけ : 06/16 02:26:11 ID:147654108

電気ブランさん、こんばんは! 電気ブランさんの1S企画作品ということで早速プレイさせていただきました。主人公よりも老人に感情移入してしまいました(笑)少しネタバレになってしまい申し訳ありませんが、あることをきっかけとして自分が生きた証を残したいという老人の気持ちが、それをどんな形でも残せた嬉しさが、痛い程に伝わってきました。もしかしたら、私が創作者として作品を公開しているのは読者に私という存在を一瞬でも良いから認識してもらい、あわよくば記憶して欲しいからかもしれませんね。それが承認欲求からなのか寂しさからなのかはわかりませんが(笑)色々と考えさせられる作品でした!

山下 式さんの作品一覧

Diamond Bloods

山下 式

プレイ数:97

公開日時:2018-02-19

創造的暴動

山下 式

プレイ数:165

公開日時:2018-07-16

【一人芝居企画】世界を見つめる眼差し

山下 式

プレイ数:104

公開日時:2018-04-09

Ego Death

山下 式

プレイ数:116

公開日時:2018-12-29

虚構原型

山下 式

プレイ数:382

公開日時:2019-06-30

突撃都市

山下 式

プレイ数:82

公開日時:2020-08-22