アプリで読む
通報する

創造的暴動

山下 式

プレイ数 165

  • のべる操作方法
  • 共有

【スマートフォンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ タップ
セーブ・ロードメニューを開く  2本指タップ
テキストスキップ    3本指タップ

【パソコンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ マウス左ボタン
セーブ・ロードメニューを開く マウス右ボタン
テキストスキップ Ctrlキー
ログ表示 マウスホイール
※操作方法は今後変更される可能性があります。

共有URL

埋め込みコード

公開日時

2018/07/16 17:20:55

総シーン数

88

作品説明

「これが私の物語よ」

完全なハンズフリー情報端末アイデバイス(Eyes device)の出現により日本はVR先進国として名乗りをあげる。
ナノマシン注射の義務化との相乗効果により、瞬く間に世に浸透したそれら2つの後を追うようにAR(拡張現実)技術が発展。その技術の粋を集めた疑似戦争体験型ゲーム”COMBAT!”が大流行する。

主人公、久内沙羅(くない さら)は”COMBAT!”の決勝戦で国家の恐るべき秘密を知るのだが・・・

よければお付き合い下さい。

30.5.5.
EXTRAを追加。
EXTRAはおまけ要素です。主に私なりの作品の作り方や今作品の解説なので大量のネタバレを含みます。作品本編を遊んでいただいた後に閲覧されることをおすすめします。

30.7.16.
アプリのクラッシュ回避のため、一部の演出を調整しました。

タグ

アクション 、サスペンス 、SF 、【完結】 、マルチエンディング 、ドラマ

全てのコメント(15)

15: 山下 式 : 09/25 01:14:17 ID:TypeYamashita

Rしゃちょうさん 他の作品も手にとっていただきありがとうございます。この作品から何かを感じ取っていただけたようで嬉しいです。 この作品は、昨今の世間に蔓延していたVRを題材にした作品に対する私からの解答的な意味合いを持たせました。 自由に変化する街並み。誰が最初に言ったのか、結婚が一つのゴールであるかのように嘯く大人。高学歴に高収入。最良の人生は何であるかなどとうの昔にモデル化され、疑いもなくそのエスカレーターを歩み、大多数がその道から外れ、そしてその道に外れた者すらも、焦燥感によって容易く社会の歯車へと組み込まれてゆく。そんな愚かにも質素な生活へと甘んじる私たち。 あれ?もはやこの世界って誰かに都合が良いように作られてね? それってもう仮想現実と変わらなくね? VRだのなんちゃらギアなんてものが無くても、我々が生きるこの世界そのものが仮想現実であること。 帰る場所はない。何故なら私たちが居る世界は今ここにある世界だから。 世界はここにある。しかし、もはやそれは仮想現実でしかない。 そんな絶望感を描いた作品でした。 ちなみに虚構原型の第一層は、私なりの異世界モノを描いてみました。 エルフやドワーフといった皆んなが知っている幻想は消し去り、オートマタやオムニバス、マルティニヘンリー銃や黄燐マッチ。かつて実在していたそれらを何の脈絡もなく、解説もなく、さもそれがそこにあって当然かのように振る舞う演出こそが、本当の異世界を醸し出すのではないかと考えました。 私のちゃらんぽらんな作品が創作の参考になるかは些か疑問ではありますが、今後Rしゃちょうさんの語る言葉の影に、ほんの少しでも私の欠片が宿っていれば、この仮想化する現実にもまだ、私の意識が介入できる隙間が残されてある。 そんな希望を感じました。

14: Rしゃちょう : 09/23 14:16:09 ID:453708145

虚構原型を読んで面白スギィ(≧Д≦)と思ったので、こちらも読んでみた者でございやす。 もうとにかく、テーマが面白スギィ(≧Д≦)です!本当にどうやったらこんな風に物事を深く考えられるのか。 とにかく、本当に読んでいて楽しい作品でした。 おまけ的なのを見たのですが、やはり山下式さんの作品にはメッセージ性というか…山下式さんがこの世界?この社会?について思っていることが作品を通して伝えられているのですね!(ちょっと何言ってるか分からない) この作品を読んでいる途中に、沙羅ちゃんの考えが「これは、山下式さん自身が思っていることなのかな」と気になったので、おまけで分かって良かったです。(やっぱり、ちょっと何言ってるか分からない) やはり、面白い作品はよく考えて、よく調べて、作られていたのですね。とても参考になりました。

13: 山下 式 : 05/14 07:26:54 ID:TypeYamashita

今宵さん はじめまして。この作品に触れていただきありがとうございます。 楽しんでいただけたのであれば作者冥利に尽きるというものです。世界と設定、それら細々とした情報を組み上げたのは、”この世界そのものに触れてもらいたい”と思ったからです。 何が魅力的だったのかをコメントしてもらえれば、今後の創作の指針となるので嬉しいです。 決して安い感想などではありません。

12: 今宵 : 05/14 00:35:33 ID:567488956

本も余り読まない素人の安い感想 ですが、特に読むのに悩む事なく 楽しむ事ができました。 本当に良い作品に出会えたと思います 盛り込まれた設定と世界観を構築するための知識が良く組み込まれていて

11: 山下 式 : 05/07 22:54:47 ID:TypeYamashita

SKYさん 現在多忙を極める身となってしまいましたがGWに全力で仕上げることができました笑 登場人物の詳細の他にも、世界の詳細や物語の流れなどのメモもあるので、載せようかと思ったのですが、時間の都合でカットしてしまいました。 もしメモが参考になられたのなら、載せておけばよかったかもしれませんね・・・ 是非とも新作を発表した際は、またお手にとっていただければ嬉しい限りです。必ずや、SKYさんのご期待に応えられる物語を作ります。 SKYさんの新作も待っています。

10: 山下 式 : 03/18 23:21:35 ID:TypeYamashita

こーたん やぁ。 いつもありがとう。こんな「キャラ萌え」やら恋愛要素ガン無視の偏屈な作品を読んでくれる君には感謝しかない。本当はもっと優しい世界を見たいやろうに。恋愛で頬を染めながらドギマギする空気を味わいたいやろうに。でもそういう作品は他の人たちに任せよう。当方管轄外のため存じ上げません。 でも実はいつか恋愛モノを作ろうと思っとったりもする。それを形にするにはもう少し勉強せなあかんけどなー。 半年間留守にするからその間に色々と練り上げるわ。完成したときまた読んで欲しい。 そして誰かにオススメしてくれ笑

9: こーたん : 03/15 13:55:33 ID:441367861

やぁ。 ほんとにお疲れ様。よもや、ここまで頑張るとはのべるちゃん始めた当初は思わなかったよ。 内容に関しては今度じっくりお話しできる時間をとるここととして… まるでシュタゲやカオへのような想定科学ADVのような濃厚な仕上げ方をしてきたな。 単純におもしろかった。本当におもしろかった。 文章力を鍛え、他者に伝えることから始まったアップライジングクリエイティブ。 遂にはここまでやり遂げるとはな… こんないい作品を作っておいて、読者がいるんだ。胸を張って良いと思う!そしてもっとお前の世界、感性を世の中の人に知って欲しいと私は思っている。 だから、必ず帰ってくるんだぞ。 これぞまさに、電気ブランの物語。 私はこの物語を観測し続けよう。

8: moon : 03/04 11:25:27 ID:464624985

電気プランさん♪ 度々お邪魔します。 勿論、演出面も素晴らしかったです! テキストの演出は痺れました。 作戦の遂行図や戦闘のsceneの標準が切り替わり狙撃していくところ、戦闘機との戦闘sceneとか臨場感あってワクワクドキドキしましたo(*´д`*)o♡(笑) 効果音も自然な感じに随所に使われてて迫力満載でしたよ! よくこの短期間で仕上げたことです(¬∀¬)♡(笑) 演出面でmoonの作品ごときが参考になったとの言葉に恐縮ですが、僅かでもそう伝わるものがあったなら有り難いことで感謝しかありません。 電気プランさん♪本当にありがとうございました!!

7: 山下 式 : 03/03 19:34:49 ID:TypeYamashita

moonさん 最後まで読んでいただきありがとうございます。 シナリオ構成や設定は今年の頭あたりから細かく決めていきました(もちろん構想は以前からありました) そして1月下旬から2月下旬まで、平日の夜と休日を使って全力でのべるちゃんにプログラミングしていきました笑 もっと時間がかかる予定だったのですが、4月から12月まで一身上の都合によりのべるちゃんをまともに触れなくなるので、なんとかその前に形にしようとして今回に至りました。 何より演出で四苦八苦していた私が今作品を最後まで作り上げることができたのは、moonさんの作品や、のべる紹介の作品の助けがあったからなのは間違いありません。moonさんの作り上げた作品のバトンを私が受け取り、私の作品が生まれたのです。そして可能であるなら私の作品が、moonさんや他の方たちに良い影響を与えることができればこの上ない喜びです。そうした観点から見ると、この作品はmoonさんに1番見ていただきたいものかもしれません。 moonさんのおかげで私は演出の壁を越えることができました。moonさんから見てこの作品の演出は、物語は、あなたの期待に応えることができたでしょうか。 またひょっこりとmoonさんのコメント欄にお邪魔したりするかと思いますのでそのときは相手してやってください。 コメントありがとうございます。

6: moon : 03/03 15:47:01 ID:464624985

電気プランさん♪ やっと読破しました( ・д⊂ヾチラッ… 先ず最初の感想です。良くもまあこの短期間でこの作品をここまで仕上げましたね|д゚)ジー♡(笑) 電気プランさんのそのクリエーターとしての資質に正直ビビってます(笑) 半端ないこのシナリオをいつから構想してたのかは解りませんが……それを纏めあげ作品として構成するにはこの短期間ではちょっと普通じゃ無理なんでは?そう思うからこそ驚愕してるmoonです(¬∀¬)♡(笑) 二点三点……何度とも言えるトラップを仕掛け驚きを隠せないmoonですが、何よりもそれを不自然なく周到に巡らされたstory構成やシナリオがあってこそだと思うのです。もう放心して在り来たりに素晴らしいとしか言えないだけど(◎-◎;)♡(笑) 電気プランさんの独特の世界観はmoonに持ってないものが多くてそれが刺激になるんです。 構想だけはある『もしもこの世界……』の第二、三部の続きを真剣に創作してみたくなってきました。今は別のプライベート作品創作があるので重い腰をあげるのはまだ先になりそうですが、いつかまた描いてみたいと思ったのはこの作品の影響が大きいと思ってます。 それだけ刺激を受ける作品に巡り合えたことを本当に感謝しています。電気プランさん♪素晴らしい作品をありがとうございましたo(*´д`*)o♡

5: 山下 式 : 03/02 17:34:39 ID:TypeYamashita

ゆうきさん コメントありがとうございます。 演出は苦手なのですが試行錯誤しながらなんとか形にできました。かなり人を選ぶ物語かと思いましたが、楽しんでいただけたようで何よりです。 次回作はかなり先になるかと思いますが、期待に応えられるような新しい世界を提示できるように教養を深めて参りますので、しばらくお待ちください。 この作品を読んでいただき、ありがとうございます。

4: ゆうき : 03/01 23:10:25 ID:691436144

こんにちわ、 3時間かけて作品を読ませて頂きました。 率直な意見としては、非常に面白かったです! 特に戦闘シーンに臨場感が出ており、色々な武器やその特性、訓練等のシーンもわかりやすかったです。 本当の戦闘が起きたらこんな事になるのかと思いながらハラハラしながら読んでました。 これからも応援するのでぜひ次の作品も楽しみにしております。

3: 山下 式 : 03/01 07:53:12 ID:TypeYamashita

SKYさん 今回も演出そっちのけで作ろうと思っていたのですが、いつの間にかどう演出しようかと考えている自分がいました笑 やってみると面白いですね〜。映画的な演出を目指して作ったのですが楽しんでいただけましたでしょうか。 私の語った物語が、SKYさんに何かしらの刺激を与え、そこからまた新しい物語が生まれればと思い今作を作り上げました。本当は使う予定はなかったのですが、劇中でたった1人だけ立ち絵を持たせました。その立ち絵がA*Sの彼と同じ立ち絵なのは、私なりの小ネタです。眼鏡もかけているので見事にハマってくれました(顔は見えないようにしていますが) さて、作者本人が作品で何を伝えたかったをここで語ることはナンセンスだと思うのですが、あえて語ります。もしSKYさん以外の方でこのコメントを読んでおられる方がいましたら、これより下は作品を最後まで読んでから見られることを推奨します。 この作品は仮想現実モノですが、他の作品と違うように意識したのは、”この世界は社会レベルに限定してみると既に制御されている”という点です。高層ビルや舗装された道路は自然を制御しようとした結果ですし、教育や報道は無意識に大衆の思想の制御を可能にしました。その結果、我々の意識の幅は限定され、その先にあるより良い可能性を追い求めることを許そうとはしません。例えば強豪校の部活動では「先輩の言うことは絶対だ。だから後輩が入ってもそうする」という風に既に人間関係が完成しています。完成している彼らはその先にある可能性の追求をしません。既に完成している彼らは、その先にあるさらなる人間関係の可能性を求めてなどいないからです。なのでこの作品は私の認識する意識の限界を広げようとする、踠きであり、足掻きなのだと思います。私は意識の幅を常に広げ、1つの答えに辿り着いてもまだその先にある何かを探すことをやめないでしょう。劇中で管理者との問題が片付かず存在し続けるのは、私自身が未だにこの制御された現実でどう生きていくべきかを模索しているからです。 長い返信をしてしまい申し訳ありません。まだまだ語りたいことが多いのですが、実はリアルの都合で今年の12月まで多忙を極めることになりました。その間、のべるちゃんを見ることすら難しくなります。なので仮に私の新作が出るにしても来年の今頃までは音信不通となってしまうと思います。残念ですが約半年、頑張ります。SKYさんの新作も楽しみにしていますので頑張ってくださいね。 この作品を最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

2: 山下 式 : 02/27 19:58:38 ID:TypeYamashita

Awakさん はじめまして。 こんなにも早く読んでいただき、かつコメントもいただいて感謝の言葉もありません。私なりにこの世界を見つめ、それを物語に落とし込み、語ってみました。少しでもAwakさんの時間が潤ったなら、インターネットの隅にいるような私が作ったこの作品にも意味がありましょう。 メタルギアの影響は間違いなく受けています。私は、小島秀夫監督のゲームを遊び、押井守監督の映画を見て、伊藤計劃氏の小説を読んで育ちました。 彼らの作品は共通して、1つの社会が存在し、そこで暮らす人々はその社会の基準で生活し、選択し、そして死んでいくといった物語を描いています。それがファンタジーでもSFでも現代でもです。つまり、登場人物と世界が分離できてしまう物語ではないということです。世界と人物を分離できる作品は多く、それが悪いことではありませんが、私は世界と登場人物が密接である作品が大好物なのです。この作品ではそれを意識して描いてみたのですが、楽しんでいただけたでしょうか。 ちなみに世間では不評なメタルギアVですが、私はとんでもない大傑作だと思います。Awakさんはもう遊ばれましたか。 励みになるコメントをしていただきありがとうございます。

1: Awak : 02/27 10:13:52 ID:211701945

はじめまして。 僭越ながら、素晴らしい出来栄えであったと思います。 映画のオープニングを思わせるような見事な導入と、ミリタリーに精通していない人にも分かりやすい説明、実際に主人公として動く選択肢、臨場感ある文章。 これら演出はさることながら、物語のプロットに感じ入るものがありました。COMBAT!チームのエースであった主人公がやがて事件に巻き込まれ、信じていたものに裏切られる、気づかされる、あるいは信頼が根底から崩れていき、最終的な場所に行き着く。素晴らしいです。 登場人物も絞られていて、立ち絵がなくても簡単に読み進められました。立ち絵がないので想像もぐんぐん広がりますし、その想像を手助けしてくれるいい文章だったと思います。 余談ですが、読んでいてどことなくメタルギア臭を感じましたがひょっとしてファンの方だったりして?(パクリとかくだらない嫌疑を持っているわけではないのでご安心ください) 日付が変わるまでどっぷりと楽しませていただきました。今後のご活躍にも期待しております。 Awak

山下 式さんの作品一覧

Diamond Bloods

山下 式

プレイ数:97

公開日時:2018-02-19

【一人芝居企画】世界を見つめる眼差し

山下 式

プレイ数:104

公開日時:2018-04-09

【1S企画5】愚者の結末

山下 式

プレイ数:127

公開日時:2018-06-16

Ego Death

山下 式

プレイ数:116

公開日時:2018-12-29

虚構原型

山下 式

プレイ数:382

公開日時:2019-06-30

突撃都市

山下 式

プレイ数:82

公開日時:2020-08-22