アプリで読む
通報する

べルム ~What’s that sound?~

たまき

プレイ数 37

  • のべる操作方法
  • 共有

【スマートフォンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ タップ
セーブ・ロードメニューを開く  2本指タップ
テキストスキップ    3本指タップ

【パソコンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ マウス左ボタン
セーブ・ロードメニューを開く マウス右ボタン
テキストスキップ Ctrlキー
ログ表示 マウスホイール
※操作方法は今後変更される可能性があります。

共有URL

埋め込みコード

公開日時

2021/02/24 15:11:52

総シーン数

215

作品説明

初めての作品です!

音感を駆使するゲームになっています。
プレイの際は端末の音量を上げてください。

エンディングは8通りあります。
(ハッピーエンドは1つのみ)

【ストーリー】

2人の研究員が感染力の非常に強いウイルス「Velm(べルム)」の撲滅に挑む。
感染した人は悪化すると体の一部の変色や欠損が起き、臓器が腐敗し、狂い人を襲うようになる。

ベルムウイルスへの抗体を開発するためには、ベルムウイルスに感染したことのないヒヨコが多数必要になる。感染していないかどうかはヒヨコが発する音で判断する。政府が発表した正しい音を鳴らすヒヨコを仕入れなければならない。間違えてベルムウイルスに感染したヒヨコを研究所の檻に入れたら、ヒヨコ達は減ってしまうだろう。

正しいヒヨコを仕入れながら研究開発を進めて、自衛隊や国民たちとやり取りをし、人類の存続を目指す。

2021/2/5更新。BGMを一部変更。「曽根井」が「曽根」になっていた恥ずかしいミスを修正

2021/2/8更新。BGMを一部変更。

2021/2/11更新。オープニングを追加。


【登場人物】

岡本博士…研究所のリーダー。

石塚博士…岡本博士の優秀な助手。

飛騨…医者。

篠原…自衛隊陸軍幕僚長。

床枝…自衛隊航空幕僚長。

曽根井…自衛隊空曹長。

玉木…ヒヨコを養殖している。

岩尾博士、宮城野博士…隣地域の研究所で働く双子の兄妹。岡本博士の研究に協力するが…。


※ここから下は攻略です。ネタバレが含まれるので注意してください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓















【Ending 1】…ヒヨコの数がマイナスになるとこのエンディングになります。

【Ending 2】…1つ目の分岐で飛騨を「派遣する」を選び、2つ目の分岐で「岡本博士」が様子を見に行くを選び、3つ目の分岐でべルムの開発に「挑まない」を選ぶとこのエンディングになります。

【Ending 3】…1つ目の分岐で飛騨を「派遣しない」を選び、2つ目の分岐で双子の研究所の撲滅に「協力しない」を選び、3つ目の分岐でテロの説得に「行く」を選び、かつヒヨコの仕分けで1問でも間違えると、このエンディングになります。

【Ending 4】…1つ目の分岐で飛騨を「派遣する」を選び、2つ目の分岐で「岡本博士」が様子を見に行くを選び、3つ目の分岐でべルムの開発に「挑む」を選ぶとこのエンディングになります。

【Ending 5】…1つ目の分岐で飛騨を「派遣する」を選び、2つ目の分岐で「石塚博士」が様子を見に行くを選ぶとこのエンディングになります。

【Ending 6】…1つ目の分岐で飛騨を「派遣しない」を選び、2つ目の分岐で双子の研究所の撲滅に「協力しない」を選び、3つ目の分岐でテロの説得に「行かない」を選ぶとこのエンディングになります。

【Ending 7】…1つ目の分岐で飛騨を「派遣しない」を選び、2つ目の分岐で双子の研究所の撲滅に「協力する」を選ぶとこのエンディングになります。

【Ending 8】…このエンディングのみハッピーエンドです。1つ目の分岐で飛騨を「派遣しない」を選び、2つ目の分岐で双子の研究所の撲滅に「協力しない」を選び、3つ目の分岐でテロの説得に「行く」を選び、かつ全10日のヒヨコの仕分けで1問も間違えなければ、このエンディングになります。

タグ

ミステリー 、サスペンス 、ファンタジー 、アドバイス希望 、マルチエンディング 、ドラマ 、学習/実用 、短編

全てのコメント(0)