アプリで読む
通報する

喪失探偵、歩めば浮き世。

町屋緑

プレイ数 281

  • のべる操作方法
  • 共有

【スマートフォンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ タップ
セーブ・ロードメニューを開く  2本指タップ
テキストスキップ    3本指タップ

【パソコンブラウザでの操作方法】

テキスト送り&選択を選ぶ マウス左ボタン
セーブ・ロードメニューを開く マウス右ボタン
テキストスキップ Ctrlキー
ログ表示 マウスホイール
※操作方法は今後変更される可能性があります。

共有URL

埋め込みコード

公開日時

2018/05/04 20:03:40

総シーン数

54

作品説明

◆Ver.3 序章全三篇を公開しました。
※本作は一章完結型のストーリーです。
─────────────────────
魂とは、記憶である。
それは余白が描いた、喪失の物語。
─────────────────────
五月四日・序章 その探偵、喪失につき【公開】
    └前篇 朝霞珠希は夢を見る
    └中篇 寺田雷壱は電光石火の色男
    └後篇 三雲京介は静かに微笑む
─────────────────────
この物語はフィクションです。
実在の人物及び団体とは一切関係ありません。

タグ

ミステリー 、日常 、ドラマ 、コメディ

全てのコメント(67)

67: 町屋緑 : 05/20 18:56:08 ID:02110211

>>紫猫月さん 猫月さ〜ん!お久しぶりです((* ᐕ)* のべるちゃん、すごいことになりましたね! 私も新しいお話を!と思っていたんですけど、確かにリメイクも良さそうですね。ほんとに色んな考えがぷくぷく膨らみます(笑) あ、因みに先日猫月さんがお出しになっていた怖いホラー作品も、実はしっかりチェックしてました(笑)ああいう風に画面に文字を出したり迫り来るような演出が出来れば、ホラー作品に限らず色んなジャンルで面白いこと出来ちゃいそうですよね(¬ -̮ ¬)ふふふ 私もそろそろカムバーック!してみようと思います(笑)猫月さんの新作も楽しみにしてますね!声掛けていただけて本当に嬉しかったです。ありがとうございます( ᵕᴗᵕ )"

66: 紫猫月 : 05/19 22:47:00 ID:349078314

大型アップデートで、オリジナル素材が使えるようになり、自作絵、又はフリー素材で新作、リメイクどうでしょう? 町屋さんカムバーク!!!

65: 町屋緑 : 05/13 21:13:56 ID:02110211

>>みづきさん コメントありがとうございます!返事が遅れてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした(涙) 読んでいただいた通り、喪失探偵は雪月花の真反対と言ってもいいくらいシニカルな話で、京介もびっくりするくらいの変貌を遂げた(?)ので作者心としては不安ばかり募る作品だったのですが、一番好きだと言ってもらえたうえに定期的に読み返してもらえているだなんて、本当に本当に嬉しいです。 そして最後の珠希に驚いてもらえたことこそ、この作品を書いた大きな理由のひとつでもあるので、これからもう一度過去と向き合い始める京介、未来と向き合い始める珠希の二人にご期待ください!.......と、言いたいところなのですが、長いこと筆を置いてしまってました。楽しみにしてもらっていたのに、お待たせして本当にごめんなさい(涙) ですがこうして嬉しいコメントをもらえて、プレッシャーどころか、またやる気をもらえました!もう少ししたら続きを書こうと思っているので、その時は是非また遊びに来てください!コメント、本当に本当にありがとうございました( ᵕᴗᵕ )"

64: みづき : 02/19 13:11:39 ID:254497892

町屋さんの作品大好きです!特に喪失探偵は一番好きなお話で、定期的に読み返しています。 紺青のわらべ唄篇きてないかなとついついのべるちゃんを開くと見に来てしまいます。(この感想がプレッシャーをかけてしまったらすみません💦) 奴隷のルール〜の頃から京介君のファンで、今作の珠希ちゃん、どうなっていくんだろうと思いながら、最後の珠希ちゃんのシーンでかなり驚いて、続きが気になっています。 続編が出たら小躍りして喜びます!でも待つのも楽しみなので、ゆっくりゆっくり待っています😊✨ 素敵な作品を発表してくださって感謝です!!

63: 町屋緑 : 06/05 08:18:55 ID:02110211

>>バーチカル太郎さん コメントありがとうございます! ほんと序章を出すまでに時間がかかり過ぎていて恥ずかしい限りなんですけども、読みに来てもらえてとっても嬉しいです。本当にありがとうございます(涙) そして太郎さんのハートにクリーンヒットした!と聞けてほんっとに嬉しいです!幸せでにこにこしながら返事を書いています(笑) 正直、喪失探偵は私にとってすごく怖い作品でした。雪月花の頃に詰め込んでいた甘みの強い喜びや、人間賛歌のようなものを根こそぎ削って、その対極にあるシニカルさや毒性を多分に含んだ話にしました。もしかしたら、読んでくれた人の胸中に何か拒絶反応を生ませるんじゃないかと、内心ずっとびくびく怯えてました。 なので、太郎さんの言ってくれた「誇張なしに、一生モノの作品に出会えたと確信した」って感想が何より嬉しいです。むしろ投げ銭より何倍も何十倍も素敵なものをもらえた気分です!(笑)ありがとうございます(*^^*) それから、心理描写を気に入ってもらえたことも嬉しいです。序章はどこにでもいる普通の女の子が、自分の考えや想像の及ばない未知の世界へと足を突っ込んでいく姿、そこで味わう戒めと屈辱、そして、そこで改めて知る〝人や物事との向き合い方〟をテーマにしていました。そうやって七転八倒しながら、最後の最後に彼女自身が見出した光みたいなものを、太郎さんにも感じていただけていたら幸せです! あと個人的には雪月花の頃と比べて文章かたくなったかな?と思ったりもしていたので、魔法の言葉だと言ってもらえて良かったです(*^^*) 実を言うと、あのラストは当初の予定とは全く違う着地だったんです(笑)本当は京介がしたことも別のアイデアのものだったのですけど(本質は一緒です)、京介が何をしたかより、それを受けた嵐野家がどうだったか。に重きを置こうと思って、例の京介のアイデアもシンプルにわかり易くしてみたんです。なので、そこを褒めてもらえたのはとっても嬉しいです!ありがとうございます。 ただやっぱり、胸の詰まるラストではあったと思います。ダンボール箱を叩きながらでも読んでくれた太郎さんに感謝ですね(笑) そして何より、京介とのやりとりを好きだと言ってもらえて本当にホッとしました〜!さっきも書いた通り、一番の心配(不安)の種だったので(涙) 読んでいただいた通り、探偵京介は辛辣と毒性の塊ですが、それ以外の何かも少しはあったかと思います。珠希とは文字通り、正反対の凸凹コンビになっていく予定です。そしてきっと珠希も、これからどんどん噛み付いていくことだと思います(笑) 京介もまた、弁の立つ人間ではありますが、それ故に致命的な欠点を抱えている人間でもあります。この二人が今後どうやって事件に向き合い、解決していくのか、見守ってもらえるととても嬉しいです! 続く舞台はとある戒律、風習に縛られた村のお話です。さっそく珠希はバカ正直どストレートで突っ走り、そして京介の弁舌は敵となる人々をバンバン撃ち抜いていく予定です(笑)雷壱の下心も、数々の小ボケも多分相変わらずですが、またよろしくお願いします( ˙ᵕ˙ )✧

62: バーチカル太郎 : 06/04 21:39:17 ID:286538609

まずは、執筆大変お疲れ様でした! 遅ればせながら『喪失探偵』序章、拝読いたしました。 えーと、まず確認なんですが……。 これ本当に無料で良いのでしょうか(;;・ㅂ・)? 投げ銭機能が付いてないのが「く、くや、しい……」ほどに、僕のハートにクリティカルヒットしました…。誇張なしに『一生モノの作品に出会えた』と確信しております。 言葉のひとつひとつを取っても、また詩的で流れるような地の文での描写にも、落ち着きのある的確な演出にも、その全てに意味が込められているように感じました。(この作品に限った話ではありませんが。しかし見事すぎて参考になりません!ただひたすらにご馳走さまです!) 特に心情描写は、読解力のない私の頭にも驚くほど自然に入ってくる、言葉の魔法でした。 そのおかげで珠希に感情移入しながら読み進めてみれば…… 京介との対話シーンで精神がゴリゴリ削られました_:(´ཀ`」 ∠): だいぶ抉られこそしましたが、このあたりのやり取り本当に大好きです。 いつか珠希が、仕返し出来るぐらい立派に成長してくれることを、密かに願っております 笑 そして最後に泣かせにくるなんて……ひどい…。(京介はあの時何をしたのか、と気になっていたのですが、それが思いのほかシンプルな方法で逆に良かったです!) ちょうど仕事前だったので、「瞼を腫らすわけにはいかない」と頭を殴りながら頑張って読みました← つづく康一さんと未来ちゃんのやり取りは、目の前の段ボール箱を殴りなが(ry 自分にも他人にも真っ直ぐで、己の弱さと向き合いながらもがく、人間くさい珠希が果てしなく愛しいです(*´ω`*) 町屋さん、ホントこんなディープなモノを、よくぞ…… 素晴らしすぎてコメントがまとまらぬこと、お許しくださいぃ。。 続きも無理せずマイペースに、執筆頑張ってください!全力応援しております!!

61: 町屋緑 : 05/30 06:38:40 ID:02110211

>>yonagaさん コメントありがとうございます! お久しぶりです〜!もうたださえ序章詐欺な長さだったと思います。なので最後まで読んでいただけて、本当に本当に嬉しいです(*^^*) 以前に予告篇を出してから一年半も経っていたので、もう忘れられた作品になっていたと思うんですけど、それでも喜んでもらえたのなら幸せです(涙) とは言え投げ捨てていたわけではなく、悩んで悩んでの一年半でした。理由は他でもない三雲京介というキャラクターと、作品自体の世界観の問題でした。 yonagaさんにも読んでいただけた中できっと伝わったことだと思いますが、喪失探偵は雪月花の頃とは一転してとてもシニカルな話で、辛辣性を極めた探偵がその中心にどーんと居座っている話です。なので、「本当にこれで大丈夫なのか?」とずっと考えていました。正直に言うと、頭から終わりまで書いて、一度全て消して、また頭から書き直してを三回ほど繰り返していました(笑) そうしてやっと辿り着けたのが序章のあのラストでした。苦しさ応酬が続く中、最後に一滴だけ光が落ちる様な、そんなラストを思い描いていました。 なので、その登場人物たちを「確かに存在し、息づいていた」と言ってもらえたことがとっても嬉しいです。本当に本当にありがとうございます。書いて良かったと思えました(*^^*) それから賭博黙示録タマキ推し、とっても嬉しいです(笑)喪失探偵ではコメディもたくさん入れたいな!と思っていて、中でもカイジネタは「伝わる人がいればいいな……?」くらいのノリだったのですが、どうやらyonagaさんにはきちんと届いたみたいで嬉しいです!お礼に半柿ピーと一緒に缶ビールが飲める様、5000ペリカを贈呈……!(笑) そして嬉しいお褒めの言葉の数々!プロとはさすがに恐れ多いですが、それでもyonagaさんの心を掴めたこと、話に入り込んでもらえたこと、登場人物たちに魅力を感じてもらえたこと、読後に何かを残すことが出来たこと、心から嬉しいです。それだけでもう私は羽が生えてどこかに飛んでいけちゃいそうです(笑)本当に本当にありがとうございます。 続く第一章の舞台はチャプターにも記載してある通り、とある村のお話です。京介と珠希、性格は真反対の凸凹コンビですが、彼らが新たな問題に直面した時、そこにどんな答えを出すのか、また見守っていただけると嬉しいです(*^^*)

60: yonaga : 05/29 20:25:05 ID:730784166

町屋さん(*^^*)こんばんは お久しぶりです!コメントの方遅ればせながらですが、喪失探偵序章。読まさせていただきました♪ 予告からとても楽しみにしていたので、更新かかった時は、おーっ!と謎の声がもれちゃいましたよ。(*^^*)そんなこんなで期待と覚悟はあったのですが、正直ここまで素晴らしいものを魅せられるとは!(๑°ㅁ°๑) 純粋に、プロの小説や映画作品を合わせても、ここまで読みながら気がつけば、入り込んで心を鷲掴みにされ、揺れ動かされる作品は自分でも記憶が無くて。 気がつけば感動の余韻に耽っている自分がいました。 その余韻が一時では無くてこれから先も、事あるごとにこの作品を思い出したりするような、そんな感動や感覚にとらわれています。 先が気になり夢中に読み進めてしまうほどの面白いストーリーの秀悦さ。内面を予想したりミステリーの推理要素もほんとに流石なんですが なんと言っても、そこに確かに存在し、息づいている登場人物達。 一人一人が、魅力に溢れていて温度があって、心の交差や、やりとり、伝わってくる優しさ、強さ。 そして脆さ……人間らしさ…… 自分の言い方で言うと とにかく登場人物の皆がそれぞれカッコ良かったです! (ボディビルダー達除く……否、彼らもまた良い味出してた 笑) 京介、カッコイイなぁ。相変わらず。 雷壱もまためっちゃ良いキャラ…… 二人の対象的な優しさが響く。(>_<) でもやっぱり……タマキ! ざわ…… いや朝霞環希!彼女の強くも脆い、その圧倒的魅力に為す術もなく惹かれました♪ ←(黙示録タマキ推し) このコメントがお世辞みたいに感じたなら、町屋さんは蛇です!(=ω=.)笑 しかし、あらためてこれが序章とか。 既に劇場版クラスの感動だったのに。笑 次回があるのが嬉しい限り、京介と環希の関係や新たな事件とか……すべてが楽しみすぎて鳥肌たちます(*^^*) 結局、ストレートに感動しすぎて、内容に基づく深いコメントできませんでしたが、また何回も読み直して細かく深いところまで感じて楽しませてもらおうと思います♪完全に喪失探偵の魅力の沼に落ちてます(笑) ほんとひとつひとつの台詞や行動に、心揺れ動かされ、展開に胸踊る、素晴らしい作品で、とても楽しい時間をありがとうございました! (*^▽^*) 次の更新を楽しみに、贅沢は柿ピー半欠片で待たせてもらいます!

59: 町屋緑 : 05/13 12:01:44 ID:02110211

>>さとちゃんさん コメントありがとうございます! お久しぶりです!また読みにきていただけてとても嬉しいです。ありがとうございます(*^^*) 心理学に関しては作中〝コールドリーディング〟しか明記していませんが、他にも〝囚人のジレンマ〟〝コントラストの原理〟〝ダブルバインド〟〝認知的不協和状態とその解消〟〝テンションリダクション〟〝ギャンブラーの誤謬〟など、いくつかの心理テクニックを使っていました。 難しい専門用語を並べるより、実際に読んで感じてもらった方がいいのでは?と思い明記しなかったのですが、何か直接感じていただけていたら嬉しいです(*^^*) 美礼に関しては、本作の重要なテーマを担うキャラクターだったのですが、彼女の姿から感じてもらえるものがあったのはとっても嬉しいです! 少々シニカルでテーマも重たかったと思います。最後まで読んでいただけただけで、私としては幸せいっぱいなのですが、こうしてコメントをいただけたのはもっともっと幸せです(笑) 辛辣で、言葉にもその在り方にも棘のある京介と、喜怒哀楽の起伏が大きい天真爛漫な珠希と、この凸凹コンビがまた新たな事件に挑んでいきます!続く第一章は、とある信仰によって縛られ続けている村の話です。新たな問題に直面した時、2人がそこにどんな答えを出すのか、また見守っていただけると嬉しいです。本当にありがとうございました(*^^*)

58: さとちゃん : 05/12 17:09:38 ID:367883156

町屋緑さん お久しぶりです(๑˃̵ᴗ˂̵) やっと読み終わる事ができました♪ 何から、感想を述べたら良いのかわからないけど・・ まずは、みどりんの心理学の詳しさに、尊敬の念を抱きました!そんで、なるほどぉ〜と妙に納得する部分が多々ありました。 それと美礼さん あの方の愛情・・自分を地獄に落としても、子供を立派に育ててみせると言う覚悟・・なんて愛情深いお母さん。自分だったら、そこまで覚悟できるのかと重ねてみたり 私はあんまり、文章は得意じゃないので、この感動をどう伝えていいのか、わからないけど・・ とにかく、この作品に出会えて良かったと思います ありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡

57: 町屋緑 : 05/10 09:08:16 ID:02110211

>>ともすけさん コメントありがとうございます! まさかともさんにも読んでいただけるとは!少し長めの話でしたから、読んでもらえただけでも嬉しいですし、こうしてコメントをもらえたのも本当に嬉しいです。その上そんなこだわりまで持っていただけて幸せです!ありがとうございます(涙) そうなんです。雪月花の頃から比べると、ずいぶん作風が変わってしまいました(笑)と言っても、これは意図的に変えた部分でもあって、雪月花の頃は私の中にある綺麗事や、理想的な部分で人や物事との向き合い方を模索していました。たとえるなら、人の持つ綺麗さから、優しさを描けたらという感じでした。 一方の本作はその対極にある排他的な部分や、シニカルさから優しさを描けたらという思いで書いていました。珠希が最後の最後に出した答えや、京介が嵐野家に見せた答えから、そういうものを少しでも感じてもらえていたら幸せです(*^^*) 話の本筋はとてもシニカルでシリアスだったと思います。それこそ、ラストは胸の痛む展開だったでしょうし、京介の弁舌も辛辣性極まるものだったと思います。それを和ませられたらと、道中様々な小ボケを置いていたんですが、ともさんからいただけたコメントを読んで、上手く効いてくれたのかな?と少し安心しています!(笑)化け物、楽しんでもらえて良かったです(笑) そして話の展開、言葉選び、登場人物たち、終始楽しめたと言ってもらえてとっっても嬉しいです!そして何より、「珠希の変化がとても嬉しい」と言ってもらえたこと、本当に心からの嬉しさでいっぱいです。 彼女がただの大学生から、探偵業に就くために必要だった葛藤と困難、そこから人として成長していく過程を感じていただけたのなら、もうそれに勝る喜びは多分ないです(笑) 因みにホラータグを外したのは、序章はそのストーリー上、ホラーってわけでもないな?と思ったからでした。ですが、続く第一章はチャプター画面に記述してある通り、〝紺青のわらべ唄篇〟という、わらべ唄を題材にした話で、とある信仰によって縛られた村の話を書く予定です!そこまで怖い話ではないかもですが、その時はまた改めて、ホラーのタグをつけられたらな。と思っています(*^^*) 新たな正念場に立たされる珠希たちがどんな決断を下すのか、またそこに見える人の性や人情味を楽しみにしていただけると嬉しいです。もちろん笑いもありで(笑)頑張ります!!(笑)

56: 町屋緑 : 05/10 09:07:54 ID:02110211

>>オノイチカさん コメントありがとうございます! まず話に涙してもらえたこと、とっても嬉しいです!と言っても、感動とはまた別方向なものな気がします(笑) それでも、そのくらいの〝何か〟を感じ、受け取ってもらえていたなら、これ以上の喜びはないです。本当にありがとうございます(*^^*) この序章ですが、イチカさんもご存知の通り、散々馬鹿みたく悩み倒して書いたお話でした(笑) 探偵の辛辣性が最初はどうにも受け入れられず(書いた当人が言うのもおかしな話ですが)、私も作中の珠希同様、何度も何度も三雲京介という存在に頭を抱え、やっと何とか辿り着いた答えが、後篇にて彼が珠希に見せた姿でした。 それでも不安は尽きなかったのですが、イチカさんのコメントを読ませてもらいながら、そんな京介の言動や姿から多くを感じてもらえたことが伝わって、本当に本当に嬉しいです。特に「京介のような人が側にいたら――」の一文をもらえたことが本当に嬉しくて、ちょっと涙腺にきました(笑)そのくらい、心から書いて良かったと思えました。ありがとうございます(*^^*) 今回は2つのテーマを用意していて、1つが人や物事との向き合い方、そしてもう1つが母の愛情でした。京介が出した答えは本当に嵐野家にとっての正解だったのか、そこに辿り着けたのか、珠希の何が間違いで、何が正解だったのか、それを少しでも感じてもらえたら嬉しいな!と思っていたんですが、その読後感の言葉を聞けて「大丈夫だったのかな」と安心出来ました。そして何より、「私は確かな優しさを感じた」と言ってもらえてこと、本当に本当に嬉しいです。 構成についても褒めていただけて嬉しいです!前、中、後篇と、いっちょ前に三幕構成なんて高尚なものを意識していたんですが、中篇はちょっと小ボケに走りすぎたかな?と思っていました。ですが、無事(?)イチカさんがマッスルの餌食になったみたいで良かったです(笑) 続く第一章では、雷壱の見せ場が出来る話になる予定です!序章では語りきれなかった彼の〝もう1つの顔〟を出す予定でいます。好きだと言ってもらえたので、またイチカさんにも楽しんでもらえる様に頑張ります!京介が振り回されるシーンもあるかも?です(笑) これから始まる凸凹コンビ、そんな2人がどんな問題を解いていくのか、楽しんでもらえるように精進していきます。ありがとうございました(*^^*)

55: 町屋緑 : 05/10 09:07:22 ID:02110211

>>moonさん コメントありがとうございます! お久しぶりです。またこうしてコメントいただけて嬉しいです!そしてずいぶんとお待たせしてしまいすいません(笑) 魂だなんてちょっと恥ずかしいですが、褒めていただけて嬉しいです。そして最後まで読んでいただけたのはもっと嬉しいです。本当にありがとうございます(*^^*) moonさんは口無しの花。を書き出した頃から自作にお付き合いいただいているので、本作での京介の変貌ぶりは本当に驚かれたことかと思います。事実、作者の私も「本当にこれでいいのか」とずっと悩んでいました(笑)そのくらい真反対の人間になっていたと思います。 それでも、その京介の心の影や喪失を汲み取ってもらえたこと、そこに添う律子の心情まで察してもらえたこと、とっても嬉しいです。正直伝わるか不安な部分でもあったので、そう言っていただけて本当に救われました。 作中珠希が見たもの、感じたもの、その葛藤の先に得た答えが、最後に京介へ放った言葉だったのですが、そこに成長を感じてもらえていたらとても嬉しいです! ラストはとても胸を痛くさせてしまったことかと思いますが、私自身も「そうであって欲しい」と思いながら書いたラストだったので、moonさんに「京介に出会って僅かでも救われたんだ」と感じてもらえたことが何よりも幸せです。本当にありがとうございます(*^^*) 続く第一章でも、笑いあり人間味ありなお話に出来るよう頑張ります!今度はある信仰に縛られた村のお話です。新たな問題に直面した時、珠希と京介はそこにどんな答えを出すのか、またお付き合いいただけたら嬉しいです!

54: ともすけ : 05/09 22:05:25 ID:147654108

町屋 緑さん、こんばんは! 序章読了致しました、今でも涙が止まりません素晴らしい作品をありがとうございます。町屋さんの作品が更新されたことは以前から知っていたのですが、町屋さんの作品はじっくりと読みたいこだわりがあり、コメントが遅くなってしまいました申し訳ない。さて本編ですが、シリアスなストーリー運びでありながらコメディ要素もあり、ウィットに富んだ言葉選びも秀逸で、長編ながらも飽きさせず一気に読めてしまう程の文章力もあり、個性豊かなキャラクター(人外も化け物(笑)も含む)たちも魅力的で、泣いたり笑ったり学んだりと、終始楽しませていただきました。京介くんが珠希ちゃんに投げた言葉は、冷たく聞こえるようだけど真実で、私を含めてきっと誰しも一度は目を背けたことがある問題で、心を良い意味で抉られました。だからこそ、珠希ちゃんの変化がとても嬉しい。彼女が誰かの、できれば京介くんたちの救いになることを、願わざるをえません。また京介くんや律子ちゃんに、こういった形で会えたことがとても嬉しいです。そして、珠希ちゃんの立ち絵でうわあああとなりました(涙)既視感を覚えているということは、何らかの形で彼女が関わっているのだろうかと期待してしまいました。またアパートの空室の前住人たちのドラマも温かくも切なく、最後の最後まで泣いてしまいました。また余談になりますが、ホ、ホラーのタグ外したんですね(しゅん)長文失礼しました、第一章も楽しみにしています!

53: オノイチカ : 05/09 16:33:42 ID:onoichica

ラストで涙腺が崩壊してしまい、浮き世に戻ってくるのに時間がかかりました……(笑) 長く、個人的な解釈による感想になりそうなので、あらかじめ謝っておきます。ごめんね(笑) 正直、この作品から感じて受け取ったであろうことが多すぎて、何から書いていいのか分かりません(;; ˙꒳​˙ ;) 前篇はするすると流れていく町屋節の心地よさに身を任せ、こまやかに表現された珠希ちゃんの感情をなぞりながら、凄いなぁ面白いなぁと読んでいたのですが、中篇以降畳み掛けるように続く感情の翻弄に圧倒され、それでもタップする手を止められず、一気に読み終えてしまいました。 京介さんが珠希ちゃんに投げた言葉のひとつひとつが私にも突き刺さり、けれど反面、京介さんの冷静なものの見方にも頷くところが沢山ありました。読みながらつい自分の人生を振り返ってしまい、あの時本当に辛かったけれど、京介さんのような人が側にいたら、苦しんだかもしれないけれど助けられたかもしれない、とも思ったり。 三雲京介という人物は、確かに感情が見えにくいけれど、周りの個性豊かで暖かい人達の言葉でその輪郭が見えて、さらに珠希ちゃんを通じて見た彼の姿に、私は確かな優しさを感じました。本人にその意図があったかは分かりませんが、批判の解釈の最後にもあった通りなのでは、と思いました。好きの反対は無関心ですしね。 冒頭に述べられた逸話と、最後に明かされる喪失探偵が提案して残されたもの。構成も見事に綺麗に収まって、読後は思いきり泣き終わった後の爽快感にも似たものが残りました。(感情は千々に乱れていましたが……笑) これから二人が歩んでいく道が楽しみです。今回珠希ちゃんが京介さんに感情をめいっぱい振り回されたように、京介さんもそのうち珠希ちゃんに振り回されるようになればいいなぁ……( ˙꒳​˙ ) 今回は選択肢も沢山あって、そこも楽しませて貰いました。やったれやったれな選択肢ばかり選んで、珠希ちゃんごめん(笑)あと筋肉集団のくだりには大笑いしました(笑) どの登場人物も魅力的で暖かさを感じて好きなのですが、私は雷壱さんが好きです!(///^o^///)初登場の去り方にも大笑いしてしまった……(笑) 案の定とりとめない上に長い感想になってしまいましたが、全編を通して読んで感じたのは、町屋さんのこの作品に込めた愛情と暖かさでした。確かに辛辣さやシニカルさもありますが、それは確かにこの世の中にある現実で、そこから眼をそらさず尚、と言いたくなるような。 きちんと当てはまる言葉にできないのがもどかしいですが、冒頭でも述べた通り、たくさん感じて受け取ったような気がします。 次回の更新も楽しみにしています。 素敵な作品をありがとうございました!(* ´ ▽ ` *)ノ

52: moon : 05/09 00:18:01 ID:464624985

町屋さん♪ 読まさせて頂きました。 moonもいろんな人の作品を数多く読んで来たのですが、相変わらずのその練り込まれたセンスある文章力はやっぱり半端なかったですΣ( ̄ロ ̄lll) 一文一文に込められたかの町屋さんの魂を受け止めながらゆっくりと拝見させて頂きました。 京介の登場は分かってましたが、まさかの律子の登場はテンション上がりましたよ♡(笑) 懐かしく思い出しながら振り返り、その悲しい過去が鮮明に甦ってきました。 京介や律子の過去を思い、今までどれ程の痛みや悲しみに暮れ幾度その心が折れかけたのだろう。でもそんな二人だからこそ人の痛みが分かるのでしょうね。 弱さを認め、陰を背負いながらも逞しく生きていく京介と律子の姿に心を揺さぶられました。 珠希ちゃんのプライドが高く直情的な性格がこの物語を盛り上げてる肝なのかな? そう思わさせて貰いました♡(笑) 彼女が揉まれもがきながら成長していく様が泥臭くもリアルティに溢れてて惹き付けられます。 京介が最初に珠希ちゃんに会った場面で立ち絵は何となく予想は付いてましたが、実際に登場したシーンで鳥肌が立つほど震えました(。>﹏<。)♡(笑) 一見チャラ男の雷壱も人の痛みが分かる優しさを持っており、人情味溢れるキャラたちばかりで温かい気持ちにならさせて頂きました。 美礼さんの我が子を想う母親としての信念に心を射たれたのは言うまでもありません。 京介は探偵は無力だと言った言葉に過去を重ねながら皮肉にも似た本音なのでしょうが……moonにはこの家族が美礼さんが京介と出会ったことで僅かでも救われたのだと感じています。 脳筋野郎のくだりでは笑わせて貰いながら、この人間味溢れたドラマを楽しませて頂きましたこと感謝しています。ありがとうございました!! 本当に素敵な作品でした。今後のstoryも楽しみにお待ちしていますね(о´∀`о)♡

51: 町屋緑 : 05/07 14:05:35 ID:02110211

>>パン好き狼さん 2度目のコメント!嬉しいです、ありがとうございます(*^^*) どんな形であれ、こうして感想を聞かせていただけるというのはとても嬉しいです。京介の言葉を少し借りるなら、私は私なりの答えを作品として公開してはいますが、その中から正解を見つけてくださるのは読んでくれた方々なので、正解の形は十人十色だと思っています。ましてや、その形をこうして教えてもらえるというのは、言葉に出来ない嬉しさがあります。感謝感謝です(*^^*)(笑) 雪月花の時は全く別物の胸の高鳴り、その緊張感を味わっていただけたと聞いて、本当に本当に嬉しいです。それはまさに、私が狙っていたそのものです(笑) 弱さを許す為にもきっと様々なアプローチがあって、たとえば雷壱のように目に見える優しさで認める許しもあれば、京介のように過ちを叱ることで認める許しもあるのだと思います。言うなればかつての京介は前者であり、そして雪月花という話自体が前者だったのだと思います。 そして本作の京介、もとい、序章では後者を徹底しました。続く本作のストーリーでも、ここに関してはブレないと思います。 なので、京介の信念に納得していただけていたこと、そんな京介の姿に、珠希同様憧れを抱いてくださったこと、本当に心から嬉しいです! 冷たく、シニカルで排他的な話ではありますが、そんな中から雪月花とはまた違った優しさや温かさ、序章で言えば京介の発言や、ラストの美礼やその家族の姿から感じていただけていたら幸せです(*^^*) そしてそして、珠希の鍵発言に気づいてくれて本当に嬉しいです。そうなんです、珠希はあの子と同じことを言いました。彼女が今後の京介や律子を変えていく、文字通り大きな鍵となる予定です。それを見届けてもらえると嬉しいです! 第一章も頑張ります!第一章の舞台はとある〝縛り〟によって、その存在を許されている村の話です。そしてもちろん、予告編のあの子が大きく関わってきます。(覚えていてくれて嬉しいです(笑)) 新たな正念場に立たされる珠希たちがそこでどんな答えを出すのか、楽しみにしていてくださると幸せです(*^^*)

50: 町屋緑 : 05/07 14:04:56 ID:02110211

>>Coccoさん コメントありがとうございます! 楽しみにしていたと言ってもらえて、本当に嬉しいです。そしてお待たせしてすいませんでした!やっと公開出来ました(涙) 小ボケに笑ってもらえたなら嬉しいです(笑)話の本筋がどうにもシニカルなので、長い分、小ボケで一息ついてもらえたらなと思っていたのですが、機能してくれたみたいで良かったです(*^^*) 京介に関しては本当に真反対の人間に変わりました。きっと雪月花の頃から読んでくださっていた方々からすれば別人に見えることかと思います。そんな中、この序章を最後まで読んでもらえたことが本当に嬉しいです。そして、京介自身の核に未だ変わっていない何かを見つけてもらえていたら幸せです。 京介が探偵になった理由は本作の核心部分でもあるのですが、今後しっかりと書いて、伝えていけたらいいなと思っています。頑張ります……!(笑) そしてそして、面白いと言っていただけたことが何よりも嬉しいです。それが聞けただけで本当に書いて良かったと思えました。本当に本当にありがとうございます(涙) 続く第一章は、珠希にとって初の事件となります。珠希にとっても、新たな正念場に立たされる話となる予定です。序章では珠希を蜂の巣にしていた京介の毒舌も、第一章からは珠希の目の前にある全てのものへとシフトしていきます。 それが珠希にとって頼もしい味方となるのか、はたまた厄介で面倒な地雷となるのか、楽しみにしていただけたら嬉しいです(*^^*)

49: 町屋緑 : 05/07 14:04:34 ID:02110211

>>猫の目先生さん コメントありがとうございます! まさか猫さんから再び感想をいただけるとは……!本当に驚きと喜びでいっぱいです。ありがとうございます(*^^*) 雪月花の頃から打って変わって、喪失探偵ではその辛辣性や排他的な部分から人や物事への関わり方、向き合い方を模索してみました。綺麗事だけでは辿り着けない部分を描くことが出来たらいいなと思っています。 なので、たくさんのお褒めの言葉はもちろんのこと、「ドラマのようだ」という表現がとっても嬉しいです!雪月花にしろ喪失探偵にしろ、私がもっとも描きたい部分は人の内側で、そこから生まれてくる人間ドラマなので、そこを褒めていただけるのは本当に幸せです(*^^*) 民法ということは、探偵社での冒頭シーンですね(笑)あそこは法律以外にも、〝認知的不協和状態とその解消〟〝ダブルバインド〟〝コントラストの原理〟〝囚人のジレンマ〟など、幾つかの心理トリックを要いたシーンでもあります。ちょっと犯罪予備軍まがいな言動ではありますが、楽しんでいただけていたら嬉しいです(笑) 因みに話は逸れますが、この序章を公開してすぐ、英雄戦記が第2部としてリスタートしていたと知って、DLしたんです。そしたらすぐに猫さんからコメントが来て、妙なシンパシーを感じました(笑) またあちらの方も楽しみに読ませていただきます(*^^*)

48: 町屋緑 : 05/07 14:03:52 ID:02110211

>>ネロリさん コメントありがとうございます! 中々の猛スピードで読んでもらえたこと、とっても嬉しいです!珠希が辿り着いた答え、京介が下した決断、証明しようとした答えはいかがだったでしょうか。何かネロリさんの胸の内にも残るものがあれば、とても嬉しいです。 そして京介の言葉に共感してもらえて本当に嬉しいです。実際、この序章を書き出してからの1年半は不安の只中でした。本当にこれで良かったのか、京介の観点にズレはないか、暴力的とも言える言葉の数々に、ちゃんと意味は備わっているのか。それをずっと考えていました。 未だにどうなのか、自分自身では分かりかねている部分もあります(笑)京介の言葉を少し借りるなら、答えを見つけても、それが正解かどうかは、私には判断しようがないからなのかもしれません。 なので正直に言うと、私は珠希に自分の感情を寄せて書いていました。ですが最後に珠希を説き伏せた京介の言葉の数々は、そんな中で私なりに出した答えでもあります。なので、そこに少しでも納得に満たるものがあったのであれば、こんなに嬉しいことはありません。本当にありがとうございます。 続く第一章の舞台は、チャプターにも書いてある通り、とある村のお話です。その村を囲う〝縛り〟を解くことが出来るのか、はたまたその縛りで絞め殺してしまうのか、楽しみにしていていただけると嬉しいです(*^^*)

47: パン好き狼 : 05/06 21:40:25 ID:140905781

今回こうして町屋緑さんとお話するのは初めてです💦 私は文章力も読解力もないので、コメントをするにしても、自分が感じたこの気持ちを伝えて、それが的外れなものだったら…と思うと怖くて 評価を押すだけでした。もしかしたら その評価は私が押したものかもしれませんね(笑) 確かに作風がガラリと変わりましたね。 雪月花で感じていた高鳴りとは全く別物の高鳴りを喪失探偵では味わいました。なぜか読んでいるとき、すごく緊張しちゃったんです。 雪月花で感じた 人の優しさや温もりは確かに現実にも存在しうる尊いものだと思っていたからか、その反対にある何ともいえない 虚しさや冷たさもまた確かに現実にあるものなのだ、と身震いしてしまいした。 記憶力に自信がないので間違っていたら恥ずかしいのですが「君はまた逃げるのか?」といった問いかけがありましたよね。 珠希ちゃんに向けられた言葉だと分かっているのに、京介くんが投げかける幾つものそんな問いかけに私はすごく悔しくなる反面「あぁ…確かにそうだ」と脱力しながら納得していました。 なんだか京介くんに憧れてしまいました^^; 京介くん視点になったラストのところで、京介くんが動揺していた理由と台詞に納得しました。胸は痛みましたね(-_-;)それに 同じ容姿、正確にいえば似た容姿で、同じように誰かの“鍵になりたい”と言ったときは涙が止まりませんでした。 今回も学ぶことが多そうです…(笑)しかもあの京介くんの弁舌が敵に向いていくとなれば 尚のこと楽しみになりましたよ!!次は “鬼”がどう関係してくるのか、予告編にちらりと写ったあの子がどう関わってくるのか ドキドキします! またこれからの楽しみが増えました^^* ありがとうございます町屋緑さん(*_ _)

46: Cocco : 05/06 16:55:43 ID:yuri1994822

町屋ちゃん! 序章執筆お疲れ様でした( ´ ▽ ` ) 楽しみにしてた喪失探偵をやっと読むことができて、とても嬉しかったです。そして改めて言うまでもなく、面白かった……! 京介が前作品の後どういう人生を歩んでいったのか、ずっと気になってはいたんですけど、それがまさか探偵になってるなんて(^q^) そして相変わらずの髪型。これが社会と自分との壁だよ云々のところで爆笑しました(笑) 京介がこれから先、珠希ちゃんと出会ってどういう影響を受けていくのか。また珠希ちゃんは京介の罵詈雑言に果たして耐え抜くことができるのか?(笑) 色々と続きが気になって仕方ありません! これからも執筆頑張ってください! 楽しみにしてます*\(^o^)/*

45: 猫の目 : 05/06 13:53:53 ID:175458772

お久しぶりです(*´ー`*) また、こうして町屋さんの作品を読めることを嬉しく思います(>_<) 本当に町屋さんの作品は凄い!文章、演出、その他諸々、どれをとっても素晴らしいです!そして今までの作品と違い、民法、刑法、色々な専門知識が出て、自分の中ではドラマのような感覚で読まさせて頂いています。大変だと思いますが頑張ってください!最後に町屋さんにコメント出来て良かったです。ありがとうございました(*´ー`*)

44: ネロリ : 05/06 13:47:12 ID:nerolism

序章、読ませていただきました。ゆっくり読むつもりがなかなかの猛スピードで。 京介さん、前編では怖い人だなと思ってしまったのですが、中編を経ての後編で少し印象が変わりました。私は珠希ちゃんよりも京介さんの言葉に共感……という言葉を簡単に使ったら怒られそうですが(笑)、納得する部分が多くて。 続きが楽しみです。応援しています。

43: 町屋緑 : 05/06 10:00:35 ID:02110211

>>時乃 栞さん コメントありがとうございます! ただいま!ちゃんと帰って来れて良かったです(笑) 今回はガラリと作風が変わりました。意図的に変えたと言った方が正しいです。ぽぽさんからも大事にしてもらえている雪月花は、私の中にある理想や綺麗事で、物事や人との向き合い方を模索した話でした。けれど、そこからじゃ辿り着けない、その目線からじゃ見えない答えに辿り着けたらと、本作を書きました。 なのでとってもシニカルだったと思います。ラストは胸を痛くさせてしまったと思いますし、道中の京介には腹も立っただろうなと思います(笑)事実、私も書きながら腹立っていました(笑) けれど「優しさが伝わった」と聞けて、本当に嬉しいです。いただいたコメントを読んで、「ああ、ちゃんと伝わってくれたのかな」って思えました。ありがとうございます(*^^*) 因みに、私も執筆中の感情はほとんど珠希と重ねていました。何度も何度も言葉に殴られながら、それでも立ちがろうとする負けん気の強さは、恐らく自作のヒロイン随一だと思います。馬鹿正直さも多分1番でしょう(笑)なので、彼女のそんな姿に共感して、何かしら感じ取ってもらえていたこと、自分のことの様に嬉しいです。本当にありがとうございます。 ご指摘の通り、本作からは分岐も使ってみました!とはいえ数も少ないですし、ボケ倒しでくだらなかったかもしれないですが、少しでも笑ってもらえていたら嬉しいです。これからも珠希は、たくさんボケて、たくさんツッコミを入れていくと思います。一緒に笑ってもらえると嬉しいです(笑) 最後に、「やっぱり京介が好きです」とぽぽさんに言ってもらえて、本当に嬉しかったです。実はそこが大きな不安の1つだったのですが、やっと安心出来ました。本当に嬉しいです。素直に書いて良かったと思えました。ありがとうございます(*^^*) 序章では珠希に言いたい放題の京介でしたが、続く第一章では、それが全て敵へと向いていきます。それは珠希にとって心強い味方なのか、はたまた厄介な味方になるのか、また見守ってもらえると嬉しいです!

42: 町屋緑 : 05/06 10:00:09 ID:02110211

>>長良川 アイチさん お久しぶりです〜!コメントいただけて嬉しいです(*^^*) 〝創作に対する考え方が少し変わって、メンタルコントロールが難しくなった〟というの、私もすっごく気持ちわかります(笑) 何せ、それで1年半もずっと悩んでいたのが本作ですから(笑)これでいいのか、本当にこのラストは正解なのか、そればかり考えていました。シニカルな内容もそうですが、京介の変貌ぶりも、書きながらどこか許容出来ない部分があって、一度全て書いて、そこから全て消してまた書き直して、また書いて、また消して、それを3回4回繰り返して辿り着いたのがあのラストでした。作中の珠希の言葉を借りるなら、まさに私なりの答えでした。 なので「良い刺激を受けた」と言ってもらえたこと、心からとっっても嬉しいです。本当にありがとうございます。肝心なところで誤字しちゃう感じも、ナガラさんらしくて私は好きです(笑) お互い頑張りましょう。〝楽しむ〟に、少しだけ〝頑張ろう〟を混ぜましょう。楽しむ8、頑張ろう2くらいで。多分私たちも、そろそろそういう意識が大事な頃合なのかもしれません(*^^*) ぼちぼち頑張りましょう。ぼちぼち。これが大事です(笑)

41: 。 : 05/06 00:08:10 ID:tokinoshiori

町屋緑 さん まずは、おかえりなさい町屋さんっ \(^-^)/ 町屋さんの新作をまたのべるちゃんで読むことができて、本当に本当に嬉しいです。 ずっと待っていました(*´ω`*) うきうきわくわくしながらダウンロード♡ 作品を開くと… ああ、この感じ(*´ω`*) 文章を読んでいてこんなに五感を刺激されたのは町屋さんの作品が初めてで、やっぱり今回も同じ感動に包まれました。 それに今回の作品では分岐があったり、今までとは違ったコミカルな演出があったりして… 町屋さんが楽しそうにスクリプトされている姿が目に浮かんで、嬉しくなっちゃいました(o^^o)♪ 先ほど読み終えたところで、まだ1度しか読めていなくて、まだまだ何度も読み返したいし、きっと何度も読んで気づくこと、感じることも変わるかもしれないのですが 今読み終えた最初の気持ちを町屋さんに伝えたくて、書きます(o^^o) 私は、ヒロインの珠希ちゃんにとても親近感がわきました。 感情的になるところとか、考え方とか、一緒だ〜、分かる(笑)と感じることが多々あって(笑) 〝逃げた〟という経験も。 なので、珠希ちゃんに向けられる京介くんの言葉は、胸にグサグサと突き刺さりました(笑) それくらい、物語に入り込んでいたんだと思います。 そして私にも、京介くんの優しさが伝わりました。 本当の優しさって何だろう… 読み終えた後、ずっと心の中で考えています。 特に心に刺さった言葉があって… 私もそんなふうに、誰かを、大切な人を励ませる人になりたいと思いました。 この物語を読み進めながら、私も珠希ちゃんと一緒に成長していきたいです。 そんな気持ちで、連載楽しみにしています(o^^o)♪ 新しい登場人物達も、そしてやっぱり京介くんも、みんな大好きです。 個性はそれぞれ違うけど、みんな信頼できるいい人達だな…(*´ω`*) 私はやっぱり町屋さんの作品が大好きなんだなぁって、改めて実感しました。 次回の更新、楽しみに待っています♪♪ 追伸 さりげなく、物語の中の日付と公開日が同じだったりして、わぁ!ってなりました(o^^o)!

40: 長良川 アイチ : 05/05 18:23:21 ID:518163097

まっちゃん素敵! 最近コメント上手く出来ない病になって大した感想言えないんだけど「良い刺激を受けたました」。 私ごとですが、創作に対する考え方が少し変わってメンタルコントロールが難しくなったんですよね。だから余計に刺激を欲してて、それを感じれたのを伝えたくて。 つまり、ありがとう!って事です

39: 町屋緑 : 05/05 16:46:42 ID:02110211

>>パン好き狼さん コメントありがとうございます! 私からの挨拶は初めましてになるのでしょうか?雪月花時代からお付き合いいただけてると聞いて、私は幸福の極みです。本当に、本当にありがとうございます(涙) しばらく前に、雪月花の方へ評価だけポンポンとついた事があったのですが、あれがパン好き狼さんだったのかな?なんて思っています。何にせよ、そんな妄想が膨らむくらい嬉しいです(*^^*) 雪月花を知らない方でも、知っている方ならもうひとつ楽しめる。というのは、まさに今回1番意識していた部分なので、そこを褒めていただけたのはとても嬉しいです!ありがとうございます。 本作からは作風もガラリと変わりました。雪月花では私の綺麗事を詰め込みましたが、喪失探偵ではその対局にあるもの、シニカルさを詰めました。着地点は同じ、人や物事への向き合い方。それをテーマにしていたのが序章でした。特にラストシーンは、胸を痛くさせてしまったかもしれません。それでも、その中から何か少しでも、パン好き狼さんにとって感じ取れたものがあったならば嬉しいです(*^^*) 恐らく読了第1号かな?と思います。お付き合いいただけて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。私の作品がふと読みたくなるだなんて、もう嬉しくて頬が緩んでしまいます(笑) 本当にありがとうございました。続く第一章も楽しみにしていただけると嬉しいです。序章では珠希に向いていた京介の弁舌が、今度は様々な敵に向いていく予定ですので(笑) 追伸、書籍化は恐れ多すぎます(笑)

38: 町屋緑 : 05/05 16:46:12 ID:02110211

>>みるくまさん コメントありがとうございます! 演出や台詞を気に入ってもらえたと聞けて、とっても嬉しいです。タイプライターの題字演出は結構面倒で、あまり凝った演出が出来ない私(機械音痴)にとっては、毎回作るのが億劫になるポイントなんです(笑)なので、みるくまさんにも楽しんでもらえていたのなら、とっても嬉しいです(*^^*) 実は1年半ほど前までちょこちょこ活動していて、今回久しぶりに復帰作として出したのが本作なんです。なので拙い箇所、足らない部分など読んでいて多いかと思います。話自体も少々シニカルですが、序章、最後までお付き合いいただけると幸せです! 序章のコメント第1号、とっても嬉しかったです。よければまた、声聞かせてください。本当にありがとうございます(*^^*)

37: パン好き狼 : 05/05 11:32:47 ID:140905781

町屋緑さん、こんにちは<(_ _*)> 雪月花シリーズも拝見させていただいて今回、溢れに溢れた想いに 背を押されてコメントを書いております。 予告編からドキドキしながら待ち続け、胸を高鳴らせながら序章を読みましたが、冒頭からグイグイと惹き込まれて読み終わった後には あまりの面白さに放心状態でした( ̄▽ ̄;) クリスマスプレゼントを待ち続け、貰ったあとの感動に浸っていた頃の気分だったので、待つ間もなぜか楽しかったです(^^; 町屋緑さんのノベルは1つの世界で繋がっているけれど、前作を知らない方でも「面白い…!」「すごい…!」と惹き込まれるうえ、前作の話を知っていれば、より一層 面白く感じられるのが凄いです…!!京介くんはこれからどう歩んでいくのか気になります! *** 画面に映し出されていく言葉や演出、そこから色濃く漂ってくる雰囲気に 今回も酔ってしまいました。その副作用かはわかりませんが、ふとしたときに町屋緑さんの書いた話が読みたくなるときがあって、その都度読み返しています(*´-`*) この調子だと町屋緑さんが書いた本が発売されると聞いた日には、私はすかさず買ってしまうのでしょう( ´•ᴗ•ก)💦 長々とすみません。 お仕事でお疲れの時に見てしまったのなら 本当すみません┏○┓ これからも 応援しております。

36: みるくま : 05/04 20:51:34 ID:579931353

パソコンで文字を売っているような 最初のカチカチとても好きです。

35: みるくま : 05/04 20:30:21 ID:579931353

あの、はじめまして すごいしか出て来ません… 演出とか、台詞の言い回しとか 本当にどんどん引き込まれました…! まだ全てクリアはしてませんが(・_・; ちょっとずつやっていけたらと思います♪ とても面白そうです(*^^*) 素敵なのべるをありがとうございます😊

34: 町屋緑 : 06/16 06:10:07 ID:02110211

>>カシスさん お久しぶりです(*^^*) お返事遅れてしまってすみません(涙) 今作からは作風がガラリと変わるので、ちょこっとシリアスな雰囲気の予告が作りたいなぁと思っていたのですが、気に入っていただけた様で一安心です(笑) 実を言うと序章は9割方書き終えているのですが、仕事が忙しすぎてそのあと少しが書けていない状態なのです(;;) 仕事が落ち着いたら書く予定ですので、もうあと少しばかりお待ちいただけると嬉しいです(;;)(;;)(;;) 京介も別人格?というほど様変わりしているので、楽しみにしていてください!コメントありがとうこざいました(*^^*)♪

33: 草餅なつ : 06/06 22:57:27 ID:cassis

予告編、拝見しましたー(*^^*) 京介君が、どんな大人になっているのか気になります! 探偵という仕事を通して、京介君の心境に変化があるといいなぁと、ワクワクです( ^ω^ ) 演出も格好良くて引き込まれて、ふと、手元にポップコーンが無い事に不安を感じました(;`・ω・´) 本編を楽しみにしています!(*´꒳`*)

32: 町屋緑 : 01/30 09:33:10 ID:02110211

>>猫の目さん お返事遅れてしまい申し訳ありません(涙) そして見てくれてありがとうございます(*^^*) グランギニョルって変な響きですよね(笑) グランギニョルにはいくつかの意味があるのですが、起源は昔のフランスにあった見世物小屋だと言われています。グランギニョルにあるいくつかの意味も、作品のイメージに合わせてつけてみました(*˙︶˙*)ノ゙ とまぁ、そんな事は置いといて(笑) 序章ももう少ししたら公開する予定です!少し長めですが読み切り仕様なので、サクッと読んでもらえると嬉しいです♪ 今作からは亀更新になりますが、のんびーり付き合っていただけると幸せです。またよろしくお願いします(*^^*)

31: 猫の目 : 01/20 05:43:00 ID:531114963

遅くなりましたが拝見しました。 初めの注意のとこの画像が乱れるあれでまず「おっ!!」っとなり、次にグラ…グランギ…ニョル探偵でしたか? あれでちょっと笑い、そして演出も凝っていてBGMとマッチしている。もう、早く本編を見たい!!と思いました(>_<)お仕事も忙しくて大変だと思いますが、頑張って下さいね(´ω`)楽しみに待ってます☆

30: 町屋緑 : 01/17 03:59:34 ID:02110211

>>ともすけさん お返事遅くなってごめんなさい( ; _ ; ) 前にも少し話したと思うんですけど、本作からは怪奇ぽいお話になる予定なので、私はともさんの反応が1番心配なんです(笑) なので、面白そうだと言ってもらえて本当に嬉しいです!反面、とてもプレッシャーではあるんですが。。(涙) 序章は今の所わりと普通な感じのお話なのですが、第1章からは都市伝説や怪奇ネタなども入れていくので、少しだけ楽しみにしていてもらえると嬉しいです(❁´ω`❁) 亀更新なので、のんびーりお付き合いいただけると幸せです!頑張って書きますね(*˙︶˙*)ノ゙

29: ともすけ : 01/10 21:32:38 ID:147654108

町屋緑さん、こんばんは! 遅ればせながら、町屋さんの新作の予告編プレイさせていただきました。何これ絶対面白い(断言)町屋さんが手がけるミステリーというだけで期待大なのに、そこに都市伝説要素が加わるとか、もうたまんないですね(震)雪月花シリーズとはまた違った町屋さんの魅力を堪能させて下さいね、本編期待しております!楽しみです!

28: 町屋緑 : 01/04 06:03:17 ID:02110211

>>由良さん 演出に使っている青は、もちろん私自身が大好きな色でもあるんですが、安心と悲しみを両方感じられる色は青だけなんだそうです。なので、視覚的にそれを感じてもらいたく、青を使っています(*^^*) その感覚が、少しでも由良さんに届いてくれたなら、私はとっても嬉しいですヽ(;;)ノ 正直、ストーリー的に花と月は丸く収まったと思うのですが、雪だけはどうしてもあのままで終わらせるわけにはいかず、こうして次作に持ち越してしまいました(^_^;)ハハハ なので、既に雪月花を読んでもらえている由良さんには、人一倍楽しんでもらえる内容にしたい!する!と思いながら書いていきたいです(*^^*) 今作からはゆっくり亀更新になってしまうので、ゆっくりお付き合いいただけると嬉しいですヽ(*^ω^*)ノ

27: 町屋緑 : 01/04 06:02:59 ID:02110211

>>牛角さん お久しぶりです!またお会い出来て嬉しいです♪ 実はBGMは最初別の曲を予定していたんですが、なるべくスピーディに、パンパンと頭にイメージが入る様にと、急遽この曲に変更したんです(笑) 今作からは変愛モノは離れてしまいますが、それでも私が書く以上は、やっぱりどうしようもなく切ない話になるんだと思います(^_^;)ハハハ なので、期待と応援を裏切らない様に頑張りたいと思います!ゆっくり更新ですが、どうかお付き合いくださいませヽ(*^ω^*)ノ

26: 町屋緑 : 01/04 06:02:42 ID:02110211

>>ぽぽさん ついに始まってしまいました(笑) そしてそして、意味まで調べて下ったという事、本当に驚いています。と同時にとても嬉しいです!ありがとうございますヽ(;;)ノ グランギニョルには複数の意味があって、それぞれ間違ってはいないですし、どの意味の要素も含んだお話になる予定です(*^^*) が、実はその中で取り分け1つの意味に着目して、事務所の名前にしました。きっと読んでる内に「あ!」と気づける事だと思うので、楽しみにしていてもらえると嬉しいです♪ 今作からは、以前より更新が少し遅くなってしまいますが、京介が辿る未来と、辿りたかったはずの未来を見届けてもらえると幸せです。よろしくお願いしますヽ(*^ω^*)ノ

25: 町屋緑 : 01/04 06:02:25 ID:02110211

>>うなさん はじめまして!遊びに来てくれてありがとうございます(*˙︶˙*)ノ゙ 予告篇では無駄な言葉を極力削いで、なるべく視覚的感覚で伝えたいなあと思っていたので、「プロローグを読んだ後の余韻」とまで言ってもらえた事、本当に嬉しいです(*^^*) 主要な登場人物は、どれも一癖も二癖ある様な人物達ですが、それぞれの面白味をお伝え出来る様に頑張りたいと思います♪ 更新遅めですが、じっくりお付き合いいただけると嬉しいです(*˙︶˙*)ノ゙

24: 町屋緑 : 01/04 06:02:10 ID:02110211

>>長良川 アイチさん あはは(笑)実はあれ、ふと思いついて、何となく感覚で作ってみたらそれっぽく出来たので、そのまま採用にしたんです(笑) 音については悩んでいるというか、公開前の時点ではバッチリだった部分が、公開後に見直したら結構ズレてて「あれ???」ってなったんです(笑) でも、下手な事は練習あるのみっていう良いキッカケになりました(*^^*) 演出面については、今作からは雰囲気を伝える手段の一つに、視覚を使おうと思っていたので、魅せる幅が広がったと言ってもらえて嬉しいです♪ そして何より、それを裏切らない様に頑張りたいです!頑張りますヽ(;;)ノ

23: 町屋緑 : 01/04 06:01:51 ID:02110211

>>yonagaさん ほ、褒め上手すぎて嬉し恥ずかしですヽ(;;)ノ(笑) 実はタイトルは元々別のものを用意していたのですが、こっちの方が内容的にしっくりくるなと、直前で急遽変更したんです(笑)  なので早速気に入ってもらえた事、とても嬉しいです♪ 内容が和ホラーな感じなので、演出については敢えて和っぽくない感じにしたいと思っているんです!如何せん技量不足なので、上手く行かなければ大コケなんですが……(涙) それでも、「本編が楽しみな予告は初めて!」と言って下さった期待を裏切らない様に頑張ります!ので!どうかお付き合いくださいませヽ(*^ω^*)ノ

22: 町屋緑 : 01/04 06:01:18 ID:02110211

>>moonさん ほんと、私じゃないみたいですよね(笑) 今作からは視覚的にも楽しんでもらえる要素を作りたいなあと、少し足掻いてみました(*^^*) 内容もまた、恋愛モノからガラリと怪奇モノになるので、お待たせしてしまった事を裏切らない様に頑張りたいです(*˙︶˙*)ノ゙ 今作からは1話1話が長くなりますが、お話自体は1章完結の全3章予定です。雪月花3部作を、この作品で書く様なイメージですね!(笑) 亀更新になるかとは思いますが、のんびりお付き合い下さいな(  ´﹀`  )/

21: 町屋緑 : 01/04 06:01:01 ID:02110211

>>サクツキさん 少しでも引き込めたなら、嬉しい限りです(涙) 私はほぼ毎日DVDで映画を見ているんですが、内容と同じくらい予告や特報が好きで、特典で入っていたら必ず見るんです! なので、この予告篇は映画的な雰囲気を出したいなあと思いながら、大急ぎで作った次第でした(笑) 切ない雰囲気を感じ取ってもらえた事もとっても嬉しいです!実はこの作品に限らず、自作は全て切ないお話なのです(笑) とはいえ、今作からは毛色が全く違うので、なるべくブレない様に頑張りたいと思いますヽ(;;)ノ サクツキさんは暗めな話やミステリーがお好きな様で、そんなサクツキさんに楽しんでいただける作品にしたいです(*^^*) 亀更新ですが、お付き合いいただけると嬉しいです(*˙︶˙*)ノ゙

20: 町屋緑 : 01/04 06:00:42 ID:02110211

>>さと姫さん ほんとですね(笑)私自身もそう思ってます(笑) 今作からは、視覚的にも楽しんでもらえる作品にしたいなあという思いがありまして、そんな雰囲気が少しでも、さと姫さんへ伝わってくれていたら嬉しいです(*^^*) そうなんです!雪月花シリーズは3ヶ月?くらいでばばーっと書いたんですけど、その後3ヶ月ブランク出来ちゃったので、ちゃんと書けるかな〜と少し不安です(^_^;)ハハハ 本篇からものんびりお付き合い下さいませ( ˘ω˘ )

19: 町屋緑 : 01/04 06:00:10 ID:02110211

>>マイネさん 実はBGMは悩みに悩んで、悩んで悩んでーあれにしました(笑)そもそも、初めは全く違う別の曲を使う予定だったくらいです(笑) なので、マイネさん好みに出来ていたならとっても嬉しいですヽ(*^ω^*)ノ 今作からはちょっと亀更新になっちゃうと思うんですけど、その分楽しんでもらえる作品になれる様に頑張ります٩( 'ω' )و のんびりお付き合い下さいな(*^^*)♪

18: 町屋緑 : 01/04 05:59:50 ID:02110211

>>耶麻陀夕朗さん なんと!夕朗さんからコメントいただけるのはこれが初めてです!嬉しいですヽ(;;)ノ 因みに、私は演出キャラではありません!というか、多分今後もなれません!(どーん) ただ、今作からは視覚的にも楽しんでもらえる要素を加えたいなーと思って、少し足掻いてみました(笑)楽しんでもらえたなら嬉しいです(*^^*) 今作はちょこちょこシリアスな展開になると思うのですが、あまり重たくなり過ぎない様に気をつけたいと思ってます(笑) 好みかもしれない!を、好みだった!に変えられる様に頑張りますヽ(*^ω^*)ノ ゆっくり更新ですが、お付き合い頂けると嬉しいです♪

17: 町屋緑 : 01/04 05:59:28 ID:02110211

>>愛染さん 「最後の歌」良いですよね〜!本篇は和テイストなんですが、予告は敢えてピアノが走る様な曲にしたいな!と、この曲を選びました!愛染さんもお好きな曲だなんて嬉しいですヽ(*^ω^*)ノふふふ そしてそして、気づいてくれてありがとうございます! あの蝋燭については、あるものを表す為に取り入れた演出でした。それが何なのかは、本篇を読み進めていく内にきっと分かるかと思うので、楽しみにしていてもらえると嬉しいです( ゚ω゚ )ゝ ありがとうございます!今作も言葉を大切にしながら更新していける様に、そして何より、愛染さんから良かったと言ってもらえる様に頑張りますね٩(●˙▽˙●)۶

16: 町屋緑 : 01/04 05:59:09 ID:02110211

>>-2500℃コンポタさん そうなんです、とうとう新しいジャンルが(笑) 今作からは恋愛モノから離れて、違う土俵で頑張ります!……とは言え、上手に書けるのかとても不安で(^_^;)ハハハ 予告篇も気に入ってもらえた様で良かったです♪ 今作からは視覚的にも楽しんでもらえる様に頑張りたいと思います!出来るかどうか怪しいですが(笑) 内容については、きっとやっぱり、切ないんだと思います(笑) ゆっくり更新になるとは思いますけど、お付き合い頂けると嬉しいですヽ(*^ω^*)ノ

15: 町屋緑 : 01/04 05:58:53 ID:02110211

>>まりかしゃん コメント1番乗り嬉しいです٩(●˙▽˙●)۶ やっとやーっと公開出来ました(@_@;) 演出については、無い頭でなんとか作ったという感じなので粗も目立つとは思うんですけど、楽しんでもらえて嬉しいです♪ 正直、私が演出キャラに片足突っ込んだ事に、私自身が1番驚いてます(笑)しかし修羅の国でした(笑) そしてマチヤブルーは本編でも使い続けるので、もっと雰囲気を楽しんでもらえる様に、色々と頑張りますね٩( 'ω' )و 今作からはゆっくり亀更新になると思いますけど、のんびり付き合ってくださいませ( ゚ω゚ )ゝ

14: 由良 : 01/03 09:02:52 ID:806129703

予告、拝見しました。 画面に透過させた青に感じられる物悲しさ、タイトルの切なさ、本当に素敵です。 これから始まるストーリーにとても興味を引かれました。 雪月花も組み込まれていて、雪月花シリーズのファンの私得な予告でした(*´ω`*) 本編も楽しみにしています(*^^*)

13: 牛角 : 12/31 14:04:51 ID:788619399

まだ予告なのにすっごく引き込まれました! 細部まで作り込まれていて、BGMなんかも主人公さんの心情がぎゅっと詰まっているかのよう… 町屋緑さんの作風、雰囲気がまた楽しめるんだと思うと待ちきれません…! 制作、応援しています!

12: 。 : 12/31 13:09:03 ID:tokinoshiori

町屋 緑 さん♡ 町屋さん…(இдஇ ) 何度も何度も観ました…(இдஇ ) 町屋さんの作品が、ついに、ついに読めるのですね! 本当に待っていました…(இдஇ ) 『グランギニョル探偵社』 という言葉に、いきなり度肝を抜かれました。 グランギニョル!? お恥ずかしながら初めて知った言葉で、でもとてもインパクトのある響きで、町屋さんのことだからきっと何か意味が込められていると思って、調べてみました! なるほど… やっぱり意味がありました。 これから始まるこの物語を表しているように感じました。 何度観ても、胸が、うっ… って、苦しくなります。 BGMも凄く物語の雰囲気、というか、京介くんの心情に凄く合っている感じがして…(´•̥̥̥ω•̥̥̥`) 大好きな京介くん。 私は何があっても、何が起ころうとも応援しています! 感情が込み上げてきて、始まる前から泣きそうです。 町屋さん、楽しみに待っています!!

11: 飩 : 12/31 12:27:09 ID:255049666

予告なのにプロローグを読んだ後のような余韻がありました。どうやってこの人たちを書くのか読めるのを楽しみに待ってます。

10: 長良川 アイチ : 12/31 02:02:01 ID:518163097

何これ凄い(震)お決まりね♪ 男の子!男の子!! 最初の「注意」が男の子の心を知ってる感半端なイってばよ!! そして癖のある曲をチョイスしましたね?笑 音を気にしていたみたいなので僕が作るんだったら目線で言うと…… ″メロディー″で表現しきり通す! だと思います 。 この手の曲は リズムが取りずらい、作り手の感情コントロールが激しいから ……(多分町家さんならわかるので細かい説明は省く) そしてこれ以上は「誰こいつキモい(震)」になるので止めときます笑 ……ちょっと真面目にコメントすると 「町屋緑の魅せる世界が広がった」その瞬間 に出会えた事が一番の価値だと思いました。これから始まる物語うんぬんこの作品の価値はそこにあると思います。面白かろーが、つまんなかろーが関係ない! そ、し、て、マツィアフレーバーが放つ 香りが 周りを刺激する! カリスマの定義はそこにある!

9: yonaga : 12/31 01:58:21 ID:730784166

喪失探偵、歩めば浮世。 まずタイトルの時点で素敵!一目見て嬉しい気持ちでダウンロードしたくなるセンス抜群なタイトルです! そして冒頭から町屋さんらしい美しい描写の文章や言葉にさらに面白味もプラスして引き込まれます♪ 演出面もこれまた町屋さんらしいブルー背景の透明感溢れる美しい視覚効果にさらにスピード感溢れるスタイリッシュな演出と和風感漂うどこか儚げで繊細な美しいさ の調和された演出も素晴らしかったです! こんなに本編が楽しみな予告作品は初めてです! 素敵で楽しい時間ありがとうございました♪(^▽^)

8: moon : 12/30 23:43:58 ID:464624985

町屋先生♪ わぁ~ッ…|д゚)ジー(笑) なんですかッ…この演出の拘りは… 町屋さんの作品じゃないみたい(笑) 最初の画面が乱れるの… あれ…で既に引き込まれましたよ(*・д・)♡ そして伝わってくる言葉からは… やはり町屋節が懐かしく染み入ってくるようでした♡(笑) それでこそ…長きに町屋さん作品を 楽しみに待った甲斐があったと言うものです(〃艸〃)♡ 本編を更に楽しみ待ってますよん:*(〃∇〃人)*:♡

7: サクツキ : 12/30 22:54:53 ID:455356937

もう冒頭から引き込まれっぱなしで、早く本編が読みたくてウズウズしちゃいました。 悲しげで美しい言葉と表現が素晴らしくて、予告編なのに切ない余韻に浸る事ができました。 本編公開が楽しみで仕方ないです。 ありがとうございました!

6: さとちゃん : 12/30 22:47:06 ID:367883156

こんばんはー(*´∀人)♡ えっと……町屋緑さんの作品ですか?って思うくらい、出だしの演出に圧倒されました♪ でもやはり言葉の流れはみどりんで……素敵でした( *´艸`) そして多分四ヶ月ぐらい?の間にすごいパワーアップしてましたね(*゚∀゚)=3(*゚∀゚)=3(*゚∀゚)=3 素晴らしい(o´・∀・)o 本編も楽しみに待ってますね(///ω///)♪♡

5: マイネ : 12/30 22:45:01 ID:732369336

予告編キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 町屋さんの一つ一つの文字の引き立てさといい、演出もとても綺麗でした! そして一番凄かったのはB・G・M!! あれを上手く使いこなし、演出を引き立てのが素晴らしかったです! 本編楽しみに待ってます(´∀`)

4: 耶麻陀 多老 : 12/30 22:20:25 ID:24512451

あれ? まっちさんって演出キャラだったっけ?(失礼)ってくらい演出凝っててビビりました。 町屋節とも言えるテキストの儚げな透明感は健在。 そして、今回はあれですね。 設定が……タイプかもです。 楽しみー(´∇`)

3: 愛染 : 12/30 22:14:34 ID:himeaizen

町屋さんこんばんわ!! 早速拝見させて頂きましたよ♪ヽ(〃▽〃)/ 儚く淡く、これから始まる物語を想ってドキドキしました… やっぱりわたしは町屋さんの言葉が大好きなんだなぁとしみじみ思いました( ´ ▽ ` )♪ スクリプトも素敵だし… ロウソクが…ロウソクが…♡ あとBGMの「最後の歌」わたしも大好きなんです!! なんだか幸せですo(^▽^)o 本編公開、楽しみにお待ちしてますね♪(*‘ω‘ ≡ ‘ω‘*)♪

2: -2500℃コンポタ : 12/30 22:10:28 ID:konpotaa

ついに、新ジャンルが…! 予告編からもストーリーの壮大さを感じることができました。 というか、演出が凝りすぎて…ヤバイ、とにかくヤバイ…なんて語彙力を失うほどに驚かされました。 ストーリーに期待しています。

1: まりか : 12/30 22:08:58 ID:536131339

予告編来たぁぁぁ!!ずっと待ってました!!(இɷஇ )っていうか演出めちゃめちゃパワーアップしてる!マチヤブルーも凄く良い味出してる!町屋先生の新作をまた読めることが本当に嬉しい!内容も凄く面白そうだし楽しみです(*´꒳`*)!更新お待ちしてます♡

町屋緑さんの作品一覧

奴隷のルールと雪の姫。

町屋緑

プレイ数:3424

公開日時:2016-09-26

口無しの花。

町屋緑

プレイ数:5293

公開日時:2016-09-26

約束は月と遠い記憶。

町屋緑

プレイ数:3572

公開日時:2016-09-25